結婚式での新郎衣装の考え

CONSEPT
-In Preparation-

世界でたった1つの
ウェディングスーツを

岡田 有示
1987年12月1日生まれ 京都府出身2010年大学卒業後、某紳士服ブランドへ就職。
大阪店で店長を務め、2015年新規オープンの銀座直営店立ち上げスタッフとなる。
6年間販売員として勤め退職。その後、結婚式における新郎様に特化したスタイリスト【ウェディングスーツスタイリスト】を立ち上げる。

販売員時代、日々数多くのお客様を接客する中ある日、ハワイ挙式を控えられた若いお客様に出会いました。お二人の思い描かれる結婚式は枠にとらわれないハワイらしいカジュアルなスタイル。式での衣装、新郎様も新婦様同様お色直しをしてビーチ撮影。最高の日だからこそ最高の衣装!と思い描かれていた新郎様。しかし、レンタルでの選択肢は少なくサイズも合わずにその日限り…。また、オーダータキシードは着回しの幅が効かず、ハワイの雰囲気とはどこか合わない…。選択肢がない…。わからない…。けど、最高の衣装で結婚式をしたい!
そんなお客様のご要望に応えるため様々なブランド、アイテムをご紹介しコーディネートさせていただきました。その後も結婚式を控えられた多くのお客様の結婚式の形・こだわりに触れていく中である共通点がありました。それは“新郎も主役ですよね!”という想い。それも新郎様だけでなく新婦様までもが同じ想いの方が多く、互いを思いやり尊重し合い同じ気持ちレベルで結婚式を迎えたい!というお気持ちで溢れていた様子でした。
そして、この想いは【結婚式=女性のもの】という常識の時代から【結婚式=二人のもの】という意識へ移り変わってきている証拠でもあると思います。

そうした意識の移り変わりの中で新郎様の衣装の選択肢が取り残されている現状を変えるべく、新たな選択肢として一人でも多くの新郎様に最高の結婚式を新婦様と同じ気持ちの高鳴りで、お二人が主役の結婚式を迎えられるようなウェディングスーツをご提案いたします。