Style Concept

世界でたった1つの
ウェディングスーツを

Wedding Suit Styleのコンセプトを語るには、わたしの思い出抜きには語れません。

わたしは当時某紳士服ブランドへ就職し、大阪店で店長を務め、新規オープンの銀座店立ち上げスタッフとなり6年が経とうとしていた時のことでした。

ある日ふらりと男性のお客様がご来店されました。
お話を伺うと、結婚式を控え自身の新郎衣装を探しているとのこと。

「挙式1日だけのレンタルではなく、今後ビジネスや結婚式のゲストとして参加するときに、着回しができるようなオシャレでカッコよく価値のある衣装を着たい。」

しかしながら自店ではお客様のご要望すべてを満たすアイテムが無かったため、悩んだわたしは、お客様と一緒になんと他のブランドでコーディネートしたのでした。

一販売員としては、他のブランドというのは格好のつかない話でしたが、お客様は結婚式の衣装として、納得したうえで購入いただけたようでした。

後日そのコーディネートでわざわざお顔を見せにご来店くださった時は、気まずいながらも嬉しさがこみ上げました。

近ごろは型にとらわれずお二人で作り上げる結婚式(カフェ、ビーチ、リゾートなど)が多くなっている中、実のところ男性の結婚式における衣装の選択肢は女性のドレスに比べあまりにも少ないのが現状です。

ほんとうは男性の結婚式における衣装も多くの選択肢が必要で、同じ気持ちの高鳴りになっていいとわたしは考えます。
じつは自分の結婚式でもレンタルではなく、普段でも着回せるアイテムでドレスアップしコーディネートしています。